統合医療とは 統合医療におけるEBM 医療技術革新と統合医療 統合医療が求められる背景 世界の統合医療関連施設 Q&A
理事長挨拶 概要 委員会委員 学会の取り組み 学会が目指すもの 本部・支部一覧 部会一覧 賛助会員 名誉理事長挨拶 事業報告書・計画書/決算書・予算書 施行細則/規則集/規定集
認定資格要項 認定資格者のご紹介 指導資格要項 指導資格者のご紹介 認定施設要項 認定施設のご紹介 健康食品認定・健康機器認定 セミナー・試験スケジュール
お知らせ一覧 日本統合医療学会からのお知らせ 学会・シンポジウム ニュースレター
日本統合医療学会からのご案内 スケジュール 学会誌ご紹介 書籍のご案内 入会について お問い合わせ

日本統合医療学会ホーム 日本統合医療学会からのご案内 座長メッセージ:心身両面からのアプローチ

日本統合医療学会からのご案内

座長メッセージ:心身両面からのアプローチ

「心身両面からのアプローチ」 阿岸鉄三

統合医療における“心身両面からのアプローチ”は、統合医療の本質を理解しようとするときに、重大な意味を持つもののひとつである。しかし、統合医療の意味するものは、心身両面というよりさらに大きな包括性であるであると考えなければ、このセッションにおける論説の真意が理解されない。

1)祈りと医療(阿岸鉄三)では、医療の場において頻繁に利用され、その意味では人気もある祈りが患者の肉体的状態に効果があるとすれば、超心理学的にどう考えるのか、祈りは祈る人自身にこころのやすらぎをもたらす(大脳辺縁系快楽中枢の活性化?)だけなのかという問題がある。これらを医工学的に実証できるのか探ってみると、spiritualityに関係する意味で近接にある(外)気功では、気功の発し手と受け手の間には、脳波上、同調が起きることが知られている。

2)心身医学(中井吉英)では、統合医療の本質は、分析的西洋的思考と包括的東洋思想の統合であると説かれる。近代西洋医学は、病気をbio-medical modelであると捉えてきたのに対して、近年になって提唱されているbio-psycho- social-medical modelでもまだ分析的でないかと疑問を投じている。がんに対する心理療法の効果については、これまでは否定的であったが、がんの自然退縮の個々のケースでは可能性が期待されているとしており、個々例を取り扱うことができなかったのが、これまでの統計的分析手法の欠陥であると考えると、有用性を否定する根拠にはならないのではないかと考える。

3)ヨーガ(木村慧心)では、数千年にわたって肉体・精神・霊性の健やかさを得る手法とされてきたヨーガのがん患者の主にQOLの向上に関するメタ分析結果は、その有用性を示すものであったことが説かれる。

4)アーユルヴェーダ(上馬場和夫)では、まず、アーユルヴェーダの現代的解釈が試みられる。意識=情報が肉体の変化を起こすとするspiritual biotechnologyは、これまで超心理学ではpsychokinesis(念力)として取り上げられてきた問題である。AGEs血管内皮細胞関連問題は、末梢循環障害と関係するものと考えられ未病状態の誘因として大いに関心を持たれる領域である。

ここで示されたアプローチのあるものは、現代日本の通常医療の臨床の場では、広く応用され、その理念が認知されているとは言い難い。臨床的有用性を確認しようにも、従来の統計的分析にもとづくEBMの考え方に整合しないこともある。しかし、それだけの理由で効果の真実が否定されるとするのは、ものごとの理屈として正当でない。

他の座長メッセージを見る

時間
セッション名・座長
2/17(金)
13:15-16:15
先進技術による統合医療   座長:佐藤信紘・岡田昌義
メッセージを読む
2/17(金)
16:30-18:00
東アジアの補完医療  座長:酒谷薫・後藤修司
※メッセージは近日掲載予定
2/18(土)
9:15-10:45
統合医療によるがん治療のモデル   座長:帯津良一・星野惠津夫
メッセージを読む
2/18(土)
10:45-12:15
食事、ビタミン、サプリメント 座長:渡辺昌
メッセージを読む
2/18(土)
14:00-16:00
心身両面からのアプローチ  座長:阿岸鉄三・中井 吉英
メッセージを読む
2/18(土)
16:15-17:45
質の高い延命のためのケア  座長:川嶋みどり・塩田清二
メッセージを読む
2/18(土)
17:45-18:45
先進技術を用いた統合医療  座長:渥美和彦・菊地眞
メッセージを読む
開催に際して開催概要申込(事前登録)についてプログラム詳細
このページのトップへ