統合医療とは 「医療モデル」と「社会モデル」 世界における統合医療 統合医療関連サイト 統合医用語
理事長挨拶 役員一覧 各種委員会 学術研究部会 賛助会員 定款・各種規約・報告書など
認定制度規則 認定研修・試験 認定申請について 認定施設申請について 認定施設一覧 健康食品認定・健康機器認定
お知らせ一覧 日本統合医療学会からのお知らせ 学会・シンポジウム ニュースレター
日本統合医療学会からのご案内 スケジュール 学会誌ご紹介 入会について お問い合わせ

日本統合医療学会ホーム 認定資格のご案内 健康食品認定・健康機器認定について

認定資格のご案内

健康食品認定・健康機器認定について

一般社団法人日本統合医療学会健康食品認定委員会では、健康食品に対し、調査検証を行い、有効性のある商品に認定を行っております。
統合医療において、「食」は重要な要素でありますが、現代人の食生活では必要とされる栄養素を十分に摂取できない場合があります。不足した栄養素(ビタミン・ミネラル等)を補う健康食品は健康にとって不可欠であることは先進諸国をはじめ広く認知されています。また特定の栄養素が特定の疾病に対し非常に有効であるデータも数多く発表されています。
氾濫する健康食品市場から、消費者が最良の健康食品を選択する際の指標となることを目的としております。あわせて健康機器の認定も行っております。詳細等につきましては、事務局までお問い合わせください。

健康食品認定・健康機器認定要項

IMJ健康食品等の認定に関してをダウンロード(PDF)

IMJ健康食品等認定委員会 認定申請書をダウンロード(PDF)

認定までのプロセス

  1. 有効性の確認
  2. 査読のある学術誌に掲載された学術論文が審査の対象になります。(査読のあるとは、ある論文を掲載してよいかどうかについての判断を下す審判員が居る学術誌のことを言います。)
    まず提出された査読のある論文を健康食品認定委員会認定委員全員に配布され審査されます。各認定委員の意見が記載された評価シートを取りまとめ全委員にフィードバックします。

  3. 安全性の確認
  4. ミニマム28日間のマウス又はラットを使った反復投与試験の提出いただきます。また食品の種類によっては急性毒性試験も必須になります。反復投与試験においては、週一回の尿検査、投与終了後の、剖検、血液検査、主要臓器の病理学的検査を義務付けています。

  5. 原材料の安定的調達の確認
  6. 原材料が安定的に調達できることは、品質の安定した製品を継続的に生産するための必須条件です。どこから調達しているか、また現在の調達先が供給不能になったときの危機管理がなされているかなど、体制全般について詳細に聞き取り調査を行ないます。本件については事務局が報告書を纏めます。

  7. 製造段階での品質管理の確認
  8. 製造フロー、受入検査から出荷前検査までの間の各チェック項目、トラブルが起きたときの対処方法など一連のQA体制を詳細に調査します。本件も上記3.と併せ、工場視察報告書として纏められます。

  9. 最終審査
  10. 1.の評価シート、2.の毒性試験報告書3.と4.の工場視察報告書をベースに認定委員会で「認定」を与えるかどうかの議論がなされ結論が下されます。

  11. 認定マークの付与
  12. 最終審査にて認定された商品には、IMJ認定マークと認定証書が付与されます。IMJ認定マークは商品包装箱、販促物、パンフレットなどに使用することが可能です。

認定商品一覧

万田発酵株式会社

URL http://www.manda.co.jp/
認証日 2008年4月1日
住所 広島県尾道市因島重井町5800-95
商品一覧 ■万田酵素

ジャパンローヤルゼリー株式会社

URL http://www.jrj.co.jp/
認証日 2008年4月1日
住所 東京都中央区京橋2-6-13 京橋ヨツギビル5階
商品一覧 ■JRJスプリウムローヤルゼリーAG
■JRJスプリウムローヤルゼリー紅景天
■JRJニューデラックスローヤルゼリーソフト
■JRJ子供用ローヤルゼリー

株式会社日本漢方新薬

URL http://www.newkampo.co.jp/
認証日 2011年6月21日
住所 東京都中央区日本橋茅場町2-8-10 碧山ビル5階
商品一覧 ■カイジ顆粒

山本化学工業

URL http://www.yamamoto-bio.com/
認証日 2013年3月1日
住所 大阪市生野区中川5-13-11
商品一覧 ■バイオラバー製品
このページのトップへ