統合医療とは 統合医療におけるEBM 医療技術革新と統合医療 統合医療が求められる背景 世界の統合医療関連施設 Q&A
理事長挨拶 概要 委員会委員 学会の取り組み 学会が目指すもの 本部・支部一覧 部会一覧 賛助会員 名誉理事長挨拶 事業報告書・計画書/決算書・予算書 施行細則/規則集/規定集
認定資格要項 認定資格者のご紹介 指導資格要項 指導資格者のご紹介 認定施設要項 認定施設のご紹介 健康食品認定・健康機器認定 セミナー・試験スケジュール
お知らせ一覧 日本統合医療学会からのお知らせ 学会・シンポジウム ニュースレター
日本統合医療学会からのご案内 スケジュール 学会誌ご紹介 書籍のご案内 入会について お問い合わせ

日本統合医療学会ホーム 日本統合医療学会からのご案内 2011年度 統合医療のための症例検討会

日本統合医療学会からのご案内

2011年度 統合医療のための症例検討会

※申込受付は締め切りました。お申込みいただいた皆様、ありがとうございました。

日常の臨床の中で、診断や治療方針に関して、他分野の専門家の意見を聞いてみたい、
と思われる症例をお持ちではありませんか?
この症例検討会では,症例を提示し、他分野の専門家からの意見を聞き、議論することで、
臨床現場へのフィードバックを目指します。
症例検討をきっかけとして他の療法の知識を深め、日々の診療のネットワーク作りに役立てください。

概要

日時 2011年3月13日(日)12:00~16:00
場所 東京大学医学部教育研究棟13階
〒113-8654 文京区本郷7-3-1
交通・アクセスはこちら
定員 40名
参加費用 5000円/1人
取得単位 2単位
参加資格 統合医療学会正会員で医療に従事している方
申込受付期間 2011年1月26日(水)PM12時から 2月21日(月)PM12時まで

プログラム

12:00-12:10 ・カンファレンスに関する概要説明(ルールなど)
・各グループの班分け発表(座長+各メンバー)
12:15-15:00 ・各グループで複数症例について議論
(症例が少ない場合は、同じ症例を各グループで順繰りに検討)
15:00-15:30 ・コーヒーブレイク(各座長は症例をまとめる)
15:30-16:00 ・各座長がそれぞれのグループについて報告

症例検討会のルール

・今回、参加のお申し込みを頂戴したIMJ会員の皆様から、実際の症例を事務局(専門委員会)へ予めお送り戴き(word、若しくはexcel形式)、カンファレンスの材料として採用する症例を選択します。採用された症例は当日会場で発表し、皆様にご検討戴きます。
(事前にお送り頂く症例データの形式は自由です。詳細なデータは必要ありません。また、当該症例には個人情報が含まれないよう、ご留意をお願い致します。)
・各グループ10数名程度に分かれて戴きます。
・各グループの座長は、統合医療の分野で研鑽を積んだ医師が務めます。
(アリゾナ大学統合医療プログラム修了/統合医療塾修了/IMJ認定医)

注意事項

・座長を務める医師との相談会ではありません。
・他の分野の専門家を論破することが目的ではありません。他の専門家や療法士への理解と尊敬を持って参加してください。
・少人数(数名から最大10数名)のグループになりますので、議論に参加することを前提とした症例検討会です。(症例提示は必須ではありませんが、提示された症例についてのご意見・ご発言を求められることがあります。)
・「○○療法 vs.○○療法」といった構図でなく、また、特定の療法の是非を判定する目的もありません。

申込方法

※申込受付は締め切りました。お申込みいただいた皆様、ありがとうございました。
お申込後、事務局より申込結果を2月18日(金)頃までにメールでお送りします。
事前に参加費をお振込いただき、入金確認後、参加証をメールにてお送りいたします。
参加証をプリントの上、当日ご提出いただきます。

症例の記入方法について

・症例のご提出が難しい方、次のような方も積極的にご参加ください。

■どうしても提出できる症例がないが参加したい
※この場合は、申込フォームの「症例」欄に「症例なし」とご記入ください。
■治療効果に関わらずCAMを施行した例とその意見を医師および他の療法家の方から聞きたい
■参加だけで、症例検討を聞きたい

・申込フォームの「症例」欄には、下記例を参考に400文字以内で症例をご記入ください(特に形式は問いません)。個人情報が含まれないようにご留意ください。

▼参考症例
73歳男性。一人暮らしですが、最近物忘れがひどくなり、気分的に落ち込んでいることが多くなったようです。以前は庭いじりが好きで、几帳面な性格でしたが、最近は屋内から出たがりません。何かよい方法はないでしょうか、ということで娘さんからのご相談です。

・対象となる症例の状態も問いません。下記例をご参照ください。

(例)西洋医学のみで寛解が見込めるが西洋医学を拒否した早期がんの症例、
西洋医学だけではなんともできない末期がんの状態、登校拒否、失恋、など

お問い合わせ

お問い合わせフォームよりお願いいたします。
お問い合わせフォームはこちら

このページのトップへ