統合医療とは 統合医療におけるEBM 医療技術革新と統合医療 統合医療が求められる背景 世界の統合医療関連施設 Q&A
理事長挨拶 概要 委員会委員 学会の取り組み 学会が目指すもの 本部・支部一覧 部会一覧 賛助会員 名誉理事長挨拶 事業報告書・計画書/決算書・予算書 施行細則/規則集/規定集
認定資格要項 認定資格者のご紹介 指導資格要項 指導資格者のご紹介 認定施設要項 認定施設のご紹介 健康食品認定・健康機器認定 セミナー・試験スケジュール
お知らせ一覧 日本統合医療学会からのお知らせ 学会・シンポジウム ニュースレター
日本統合医療学会からのご案内 スケジュール 学会誌ご紹介 書籍のご案内 入会について お問い合わせ

日本統合医療学会ホーム お知らせ 「急告」“国家プロジェクト委員会”がスタート

お知らせ

IMJからのお知らせ

「急告」“国家プロジェクト委員会”がスタート

2009年05月27日

鳩山由起夫民主党代表の提案する国家プロジェクト委員会が、本年度3 月よりスタートした。
分野としては、経済、外交、環境、エネルギー、医療などが含まれ、委員長が決定し、各分科会がもたれるようになった。
医療の委員長として、渥美和彦が、副委員長としては、村上和雄が選ばれた。
4 月13 日の委員会は、渥美委員長が招かれて、“統合医療”の講演を行い、

  1. 国立統合医療センターの設立
  2. 医療特区における統合医療の検討
  3. 統合医療に対する国家研究プロジェクト

の提案を行った。
尚、分科会は、6 月3 日、学会の中枢メンバー、および統合医療の分科会の代表が集って、今後の方針について討議することとなった。
以上のような背景から、統合医療の展開に対しての人材需要が増加することが期待され、学会としては、認定医・師・療法士のデータバンクの組織化をはかることとなった。
尚、次の認定資格として、専門医の資格についての検討に入ることとなった。
(専門師・専門療法士については、検討中)上記の状況ですので、認定医・師・療法士の需要が急速に予測されるので、本年度6月28日の認定医・師・療法士の試験には、多くの会員の参加を要請したい。

日本統合医療学会
理事長渥美 和彦

この記事をダウンロード(PDF)

このページのトップへ