統合医療とは 統合医療におけるEBM 医療技術革新と統合医療 統合医療が求められる背景 世界の統合医療関連施設 Q&A
理事長挨拶 概要 委員会委員 学会の取り組み 学会が目指すもの 本部・支部一覧 部会一覧 賛助会員 名誉理事長挨拶 事業報告書・計画書/決算書・予算書 施行細則/規則集/規定集
認定資格要項 認定資格者のご紹介 指導資格要項 指導資格者のご紹介 認定施設要項 認定施設のご紹介 健康食品認定・健康機器認定 セミナー・試験スケジュール
お知らせ一覧 日本統合医療学会からのお知らせ 学会・シンポジウム ニュースレター
日本統合医療学会からのご案内 スケジュール 学会誌ご紹介 書籍のご案内 入会について お問い合わせ

日本統合医療学会ホーム お知らせ ゲノム診断によりTM/CAMの有効性が実証される

お知らせ

IMJからのお知らせ

ゲノム診断によりTM/CAMの有効性が実証される

2010年05月10日

病気は、遺伝と環境の大きな二つの要因の相互関係が原因となって生ずると考えられている。

最近、血液の中のDNA の解析、つまりゲノム診断により、がんの予防あるいは、進行がんの治療などの対策が検討される可能性が生じてきた。

  1. がんと診断された患者は健康人に比して、がん遺伝子の種類が多く、各因子の量的数値が高い。
  2. 乳がん、胃がんのがん別手術後のがん関連遺伝子が細胞免疫療法あるいは高濃度ビタミンC 療法により減少し、がんの再発及び転移の可能性が減少したこの臨床成績は、ある種のTM/CAM の療法が、がんの発生の抑止に有効であるということを示唆している。
  3. 数日前、マスメディアに対して、ゲノム診断についての報告会が行われ、大きい関心がもたれた現在、健康食品あるいは特殊ながん治療法などの有効性に対しての検討の問い合わせが殺到している。

以上のことの背景の中で、ゲノム診断の臨床応用に対する“ゲノム臨床医療研究会”(ホームページ参照)が本年3 月発足し、東京で第1回大会が行われた。

第2回大会が5 月23 日、東京大学鉄門記念講堂で行われる(事務局:一般社団法人日本統合医療学会 南青山事務局)同大会では、TM/CAM の有効性の実証のための画期的な方法が提案され、臨床例が報告され、さらに、将来の広い医療への応用が検討される。

統合医療の会員各位に参加をのぞむ次第である。

平成22 年5 月10 日
一般社団法人日本統合医療学会
理事長 渥美和彦

この記事をダウンロード(PDF)
このページのトップへ