統合医療とは 「医療モデル」と「社会モデル」 世界における統合医療 統合医療関連サイト 統合医用語
理事長挨拶 役員一覧 各種委員会 学術研究部会 賛助会員 定款・各種規約など 施行細則/規則集/規定集
認定制度規則 認定研修・試験 認定申請について 認定施設申請について 認定施設一覧 健康食品認定・健康機器認定
お知らせ一覧 日本統合医療学会からのお知らせ 学会・シンポジウム ニュースレター
日本統合医療学会からのご案内 スケジュール 学会誌ご紹介 入会について お問い合わせ

日本統合医療学会ホーム お知らせ

お知らせ

ニュースレター

国民生活センターが「手技による医業類似行為の危害」を公開

2012年08月08日

 平成24年8月2日(木)に独立行政法人国民生活センターが「手技による医業類似行為の危害」と題する報道発表資料を公開しました。
(http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20120802_1.html)
 この資料は同センターの「分析・評価委員会」によって取りまとめられた内容を資料化したもので、同委員会には同センターから委嘱を受けて当学会の伊藤壽記副理事長(大阪大学教授)と小野直哉代議員(明治国際医療大学講師)が委員として参加しております。
 ご高承の通り、予てより手技による医業類似行為に関係する健康被害が多数報告されており、国家としても明確な指針を出すことが求められていました。
 詳細をニュースレターとして掲載いたしましたので、ぜひご覧くださいませ。

【国民生活センターが 「手技による医業類似行為の危害」を公開】をダウンロード(PDF)

このページのトップへ