統合医療とは 統合医療におけるEBM 医療技術革新と統合医療 統合医療が求められる背景 世界の統合医療関連施設 Q&A
理事長挨拶 概要 委員会委員 学会の取り組み 学会が目指すもの 本部・支部一覧 部会一覧 賛助会員 名誉理事長挨拶 事業報告書・計画書/決算書・予算書 施行細則/規則集/規定集
認定資格要項 認定資格者のご紹介 指導資格要項 指導資格者のご紹介 認定施設要項 認定施設のご紹介 健康食品認定・健康機器認定 セミナー・試験スケジュール
お知らせ一覧 日本統合医療学会からのお知らせ 学会・シンポジウム ニュースレター
日本統合医療学会からのご案内 スケジュール 学会誌ご紹介 書籍のご案内 入会について お問い合わせ

日本統合医療学会ホーム 統合医療とは 医療技術革新と統合医療

統合医療とは

医療技術革新と統合医療

近年、医療技術の革新にはめざましいものがあります。中でも分子生物学やシステムバイオロジー分野におけるバイオ研究、遺伝子工学の技術を駆使したゲノム治療や再生医学、先制医療とも呼ばれる予防医学、情報工学やロボット工学を用いた人工臓器などを含むエンハンスメント(サイボーグ)技術、さらには脳機能イメージングなど、先端医療の種類と可能性は限りなく広がりつつあり、その発展には多くの期待が寄せられています。

統合医療はそれら先端医療を否定する医療ではありません。人の命を救うためには、先端医療技術の発展は常に求められるべきものであり、先端医療も統合医療の範疇であると捉えています。

一方で、先端医療だけでは解決できない課題があるのも事実です。術後のリハビリや患者への不定愁訴への対応、末期がん患者への精神的ケアを含めた緩和ケアなど、近代西洋医学では対応が難しい症例については、伝統医学、相補・代替医療が有効な場合も多く見られます。

また、伝統的に体に良いとされてきた食べ物や食事療法、サプリメントなど、疾病予防・健康増進といった予防医学領域においては伝統医学や相補・代替医療を誰もが身近に行ってきました。

患者が本当に必要な医療を自らの意志で選択し得る、そんな医療環境が整っていくためにも、統合医療の体系化が求められています。ここでもっとも重要となるのは、各医学の特長と課題を正しく把握し、患者本位のより良い医療を目指そうとする姿勢です。

統合医療は、技術革新が進む先端医療をはじめとした近代西洋医学と地域文化・伝統に根ざした伝統医学や相補・代替医療が融合するハイブリッドな医療なのです。

このページのトップへ