統合医療とは 統合医療におけるEBM 医療技術革新と統合医療 統合医療が求められる背景 世界の統合医療関連施設 Q&A
理事長挨拶 概要 委員会委員 学会の取り組み 学会が目指すもの 本部・支部一覧 部会一覧 賛助会員 名誉理事長挨拶 事業報告書・計画書/決算書・予算書 施行細則/規則集/規定集
認定資格要項 認定資格者のご紹介 指導資格要項 指導資格者のご紹介 認定施設要項 認定施設のご紹介 健康食品認定・健康機器認定 セミナー・試験スケジュール
お知らせ一覧 日本統合医療学会からのお知らせ 学会・シンポジウム ニュースレター
日本統合医療学会からのご案内 スケジュール 学会誌ご紹介 書籍のご案内 入会について お問い合わせ

日本統合医療学会ホーム 統合医療とは 統合医療におけるEBM

統合医療とは

統合医療におけるEBM

「科学的根拠に基づく医療(EBM:evidence based medicine)」とは、できるだけ多くの臨床データに基づいて、統計学的に妥当性のある最新最良の医学知見を用いる医療であり、近代西洋医学ではおおむね定着してきています。

EBMの観点から考えると、伝統医学や相補・代替医療は臨床データに乏しく、ともすれば科学的根拠(エビデンス)がないと誤解されがちです。しかし、現存する伝統医学や相補・代替医療の多くは、数百年から数千年の間に淘汰されてきました。経験として蓄積されたこの歴史こそがまさに科学的根拠を証明しているものといえます。

ただし、近代西洋医学の医薬品のEBMで広く使用されるRCT(ランダム化比較試験)だけでは、伝統医学や相補・代替医療の科学的根拠を研究するには限界があるとの討議が2000年のミュンヘンでの国際会議でなされています。

実際、米国の国立癌研究所(NCI)や国立相補・代替医療センター(NCCAM)でも、RCT研究にそぐわない伝統医学や相補・代替医療は、ベストケースシリーズ(Best Case Series)として取り上げられています。

ベストケースとは、伝統医学や相補・代替医療の実施によって得られた、以下のような様々な症例を集積し、臨床試験実施に向けた情報の収集と基礎資料を提供するものです。

  1. 1回あるいは数回の治療によって、劇的な症状の改善あるいは治癒が見られた症例
  2. 近代西洋医学に伝統医学や相補・代替医療を併用することによって、症状の進行を顕著に遅らせ改善させた症例
  3. 近代西洋医学に抵抗を示す病態に対し、伝統医学や相補・代替医療によって症状の明らかな改善が認められた症例
  4. その他、伝統医学や相補・代替医療で特異な効果が得られたケース

伝統医学や相補・代替医療のEBMでは、有効性や安全性、経済性が症例によって異なる場合が多くなります。今後、伝統医学や相補・代替医療の適応や有効性を検証するためにも広く情報の共有を図り、ベストケースの集積からエビデンスの検証へと繋がる研究体系が望まれています。

このページのトップへ