統合医療とは 統合医療におけるEBM 医療技術革新と統合医療 統合医療が求められる背景 世界の統合医療関連施設 Q&A
理事長挨拶 概要 委員会委員 学会の取り組み 学会が目指すもの 本部・支部一覧 部会一覧 賛助会員 名誉理事長挨拶 事業報告書・計画書/決算書・予算書 施行細則/規則集/規定集
認定資格要項 認定資格者のご紹介 指導資格要項 指導資格者のご紹介 認定施設要項 認定施設のご紹介 健康食品認定・健康機器認定 セミナー・試験スケジュール
お知らせ一覧 日本統合医療学会からのお知らせ 学会・シンポジウム ニュースレター
日本統合医療学会からのご案内 スケジュール 学会誌ご紹介 書籍のご案内 入会について お問い合わせ

日本統合医療学会ホーム 学会について 日本統合医療学会が目指すもの

学会について

日本統合医療学会が目指すもの

伝統医学や相補・代替医療の有効性や安全性を解明するために、先端科学技術のゲノムや再生医療、あるいはナノテクノロジーや情報技術などによる橋渡しが必要となります。精神と身体の深いつながりも、先端科学技術によって有効性が証明されることでしょう。

西洋ではギリシャ時代の医学から既に認められ、東洋でも「心身一如」という言葉にみられるように、精神と身体との関係はきわめて緊密であるとの認識があります。

科学技術文明の英知である近代西洋医学と、長い歴史を経て地域の伝統・文化を背景とした伝統医学や相補・代替医療。これらを体系化することにより、次世代医療を創造することが統合医療学会の使命なのです。

世界でも日本でも統合医療の体系化は未だ途上にあります。これを学問的に作り上げていくことが日本統合医療学会の任務であると考えています。

このページのトップへ