統合医療とは 統合医療におけるEBM 医療技術革新と統合医療 統合医療が求められる背景 世界の統合医療関連施設 Q&A
理事長挨拶 概要 委員会委員 学会の取り組み 学会が目指すもの 本部・支部一覧 部会一覧 賛助会員 名誉理事長挨拶 事業報告書・計画書/決算書・予算書 施行細則/規則集/規定集
認定資格要項 認定資格者のご紹介 指導資格要項 指導資格者のご紹介 認定施設要項 認定施設のご紹介 健康食品認定・健康機器認定 セミナー・試験スケジュール
お知らせ一覧 日本統合医療学会からのお知らせ 学会・シンポジウム ニュースレター
日本統合医療学会からのご案内 スケジュール 学会誌ご紹介 書籍のご案内 入会について お問い合わせ

日本統合医療学会ホーム 学会について 学会の取り組み

学会について

学会の取り組み

事業内容

  1. 統合医療に関する学術会議の開催
  2. 統合医療の普及に関する刊行物の発行
  3. 統合医療に関する資格認定と教育
  4. 統合医療関連国際諸団体との連携及び交流

事業の将来像

一般社団法人「日本統合医療学会」は、「統合医療こそ、真の国民のための医療である」という強い信念を持ち続け、ひとりでも多くの方に「統合医療」の理念を共有していただきたいと願っております。

近代西洋医学と伝統医学、相補・代替医療に携わる専門家が、その専門性を互いにリスペクトしながら、新たな医療の創造のために知力を併せる必要があります。
そのためにまず第一に取り組むべきは、途上ともいえる日本の統合医療の体系を学問的に組み立てることだと考えております。
そして、今後のより良き日本社会に向けて、日本統合医療学会が中心となり、ヘルスケアネットワークの形成による地域開発と活性化、および、新しい健康産業の創造を実践して参りたいと存じます。

当面の大きな目標として、 以下の3つを掲げております。

  1. 統合医療センターの設立
  2. 大学医学部における統合医療学科、学部の設置や統合医療大学の開設
  3. 統合医療における調査、研究の推進
このページのトップへ